..

助手席や後部座席で事故に遭った

助手席に乗っていた方にも保険が適用されます!

交通事故の被害に遭ったとき、助手席や後部座席に座っていると、運転手でないと保険が利かないと考えられる方も多く、痛みを我慢して病院へ行かない方もいらっしゃいます。

同乗者の方も保険は適用されるのです。
むしろ、運転手よりも酷い怪我を負ったり、後遺症になやんだりする場合が多いです。

詳しくご相談されたい方は愛西市交通事故治療が承っています。
同乗者で交通事故に遭い、家族、友達の運転だった場合、表立って聞けないこともあるでしょう。
当院のフリーダイアルに電話して頂くと、きちんとお応えします。

交通事故の後遺症の代表格がむちうちです。
むちうちは骨のゆがみ、ズレ、筋肉の損傷で痛むことが多く、目には見えないために、痛みを我慢してしまう人もいます。
早い目の治療が治療期間が短く、通院回数も少なくするポイントです。
後遺症を残すと体調不良が続くだけではなく、月日が経ってしまうと交通事故との因果関係が証明出来ないために、自賠責保険が適用しにくくなります。

交通事故後はすぐ警察に届けを出して病院へ行きましょう。

免許の点数の減点を心配する必要もありません。保険は適用されます。

尼崎交通事故、むちうち治療

気をつけて運転していても、ふいに後ろから追突されることがあります。
車に乗っていれば常に危険があり、交通事故の追突などによる症状で一番心配なのは「ムチウチ」です。
むちうちの症状は様々で頚椎や骨格のゆがみを伴い、怠惰やめまい、耳鳴りなど、 一つではなく複数の症状が現れる場合があります。

警察へ連絡、交通事故証明書を貰い、病院へ行きましょう。
放っておいたら、ますます悪化してしまいます。
病院へ行き、診断を受けたら、まはろ接骨院で通院、手技やリハビリをしましょう。
交通事故に関しては免許の減点はなく、自賠責保険は適用されます。
むちうちの後遺症を防ぐためにもきちんと病院で診断を受けて、ムチウチ、交通事故治療専門院の当院へ通いましょう。

交通事故の場合は免許の減点はありません、まずは交通事故に遭った自分の身体の治療に専念することをおススメします。

運転手だけではなく、同乗者にも保険は適用されます

”運転手にしか保険が適用されない”という考えは間違いです。
同乗者の方も、全員、自賠責保険適用で窓口0円、運転手と同様の保険が効きます。
交通事故に遭ったら同乗者も運転手と同様、交通事故証明書を貰って病院へ行きましょう。

交通事故で、巻き沿いになった方も家族、複数の友達など人数が居ると、
全員自賠責保険が効くのか悩まれる方もいますが、
運転手と同様、一人当たり上限120万円まで自賠責保険が適用されます。
これらは怪我をして会社に行けない合間の休業補償や通院費、慰謝料などがあります。

慰謝料・保険について詳しくはこちら

交通事故後の怪我は後遺症を発生させないことが重要です。
また、ご不明な点が御座いましたら、愛西市交通事故治療のフリーダイアルまでご相談してください。

漫画で見る「助手席や後部座席で事故にあった」

助手席や後部座席で事故にあった

 まはろ接骨院交通事故 お問い合わせはこちら

交通事故のお悩みはまはろ接骨院へ!何でもお気軽にご相談下さい! まはろ接骨院集合写真 まはろ接骨院 お問い合わせ
TOPへ戻る
..