..

病院・整形外科ではレントゲン検査異常なしなのに、辛い

わずかな衝撃で

交通事故後は、目に見えない身体への影響が出ている場合があります。

打撲や骨折はしていないと安心するのは早いです。ですが、交通事故後、すぐではなく数日後・もしくは、数ヵ月後経ってから身体の不調が起こる場合もあるのです。
めまい・頭痛・眼精疲労、これらは一見、交通事故とは関係ないと思いがちですが、大きな関係があるのです!また、これらの症状は、実は小さな交通事故でも発症するのです。

交通事故後にこんな症状はありませんか?

  • やる気がまったく出ない
  • いつまで経ってもだるさが残っている
  • 何をしても楽しくない、気分が乗らない
  • 怠惰感のようなものがいつまでも経っても続いている

交通事故後のこれらの症状。交通事故に遭い、気分が滅入っているだけだと判断しがちですが、
根拠があってこれらの症状を発症しているのです。
気分の問題ではありませんし、レントゲンに写るものでもありません
漠然とした不安に包まれたまま生活している交通事故後の患者様は、実際、後を経ちません。

心当たりのある方は、是非、愛西市交通事故治療までお問い合わせください。
これまでの施術の実績と症例、怪我の知識、それらを踏まえた上で、 交通事故患者様の1日でも早い身体の改善を実践していきます。

レントゲンには写らないゆがみ・ズレ|愛西市交通事故治療

交通事故後の症状はレントゲンに写らないことが多いです。 矯正施術


交通事故後の骨、折れている場合はレントゲンに写りますが、 ゆがんでいる、ズレている場合はレントゲンに写りません。

骨のゆがみ、ズレが原因での痛み、圧迫はレントゲンには写らないので、 後遺症の発見がしずらいという現状があります。

異常なしと診断されても痛いのは、骨のゆがみやズレ、筋肉の裂傷などが原因です。

痛みが辛くて病院へ行っても痛み止めや湿布で解決しないのはこのためです。

湿布で骨のゆがみやズレは元に戻りませんし、 痛み止めも痛みの原因そのものを改善しないと、 薬で痛みを誤魔化していることに過ぎません。
薬が切れたらまた痛くなってしまいます。

交通事故ではむちうちをよく引き起こします。
主な原因は首の骨、頚椎からのゆがみです。 このゆがみが原因で身体全体が不調になるのです。

頚椎のゆがみは日が経つにつれて治るものではなく、 そのゆがみから、様々な症状を引き起こしているのです。このために交通事故後の後遺症=むちうち(頚椎のゆがみ) だと広く認識されています。

愛西市交通事故治療では、頚椎のゆがみやズレ、頚椎だけではなく全身を診て、 ゆがみやズレを矯正していきます。

治療を続け、骨のゆがみ、ズレをとることで痛みは改善していきます。

漫画で見る「病院で異常がないと言われたのに辛い」

病院で異常が無いと言われたのに辛い

 まはろ接骨院交通事故 お問い合わせはこちら

交通事故のお悩みはまはろ接骨院へ!何でもお気軽にご相談下さい! まはろ接骨院集合写真 まはろ接骨院 お問い合わせ
TOPへ戻る
..